適量のアルコールは美容に効果的!?ビールの隠れた美肌効果

  • 投稿日 : 2012/10/16
  • カテゴリ : 美容
2012101601

”酒は百薬の長”ともいいますからね!

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/biranger/2012/10/post-1449.html
太りやすいと言われるビールの隠れた美肌効果とは?

秋空の下、好きなだけビールを飲む! その上ドイツ料理と生バンドの演奏も堪能できるという、ビール党の方以外も盛り上がれるイベントが、開催されました。

適量のアルコールは美容にも良いという報告もあり、ワイン以外にビタミンを含む数少ないお酒であるビールは、美肌効果も期待できるとか。

アルコール成分で血の巡りが良くなることが、肌の活性化につながるようです。アルコール度数も低いビールは、肝臓への負担をかけずに血流を促進できるとも。

またビールを作る行程でうまれる”ビール酵母”は、栄養たっぷりのサプリメントとしても注目されています。ダイエット時に不足しがちなミネラルやビタミンを、効果的に摂取できることで人気がでました。残念ながらビール自体には酵母はほとんど残っていないのですが、他のお酒よりも美肌成分が多いのはこのためかもしれません。

<以下略>

ビールは太るから・・・と敬遠する方もいると思いますが、なんとビールには美肌効果が期待できるそうです!

 

適量のアルコールは体に良いとされていますし、アルコールの成分は血の巡りを良くするので、肌の活性化につながるといいます。

もちろん、大量に飲んだり、アルコール度数が高いものは体に良くないかもしれませんが、度数が低いビールは、肝臓への負担をかけず血行促進できるようです。

その他にも、ビールには整腸作用や食欲増進、利尿作用などの効果があります。

こういった効果があったので、明治初期では、薬屋で薬としてビールが売られていたことがあったそうです。

 

それから、ビールと肥満の関係ですが、実はビール自体には太る原因はなく、一緒に食べるおつまみが原因だと言われています。

から揚げやフライドポテトなど、ビールに良く合うおつまみはカロリーが高く、ビールの食欲増進効果によりついつい食べ過ぎてしまう・・・というのが実際の要因だそうです。

ちなみに、長生きのための適量は大ジョッキ1杯(633ml)!

もちろん、飲めない方がムリに飲むということはありませんが、ビールがお好きな方は飲む量に気をつけてみるといいかと思います。