あなたの身体の質を改善する ~体質改善“空気”編~

20140308

身体の質が変われば、ダイエット、病気の予防などあらゆるメリットがあります。

今回は、前回の基礎編に続き、今回は空気の大切さについてご紹介します。

近年ではPM2.5やハウスダスト、アスベストなど空気の汚染問題になっていますが、どれだけ意識しているでしょうか。

 

人間が生きていくうえで、一番絶え間なく行っていること、それは呼吸です。

呼吸を数分止めるだけで、人は死んでしまいます。

水もしくは食事を止めても、数日~数週間は生きられますよね。

人間にとって、それほど空気は重要なものです。

 

 

【キレイなのはどっちの空気!?】

屋外と、部屋の中の空気、どっちが汚い空気かご存知でしょうか。

答えは部屋の空気です。

 

部屋の中の方が、PM2.5や排気ガスが入ってこないからきれいなはず!と思う方も多いかもしれません。

ですが、部屋の空気は外の空気がベースになっており、実際には外の何倍も汚れているといわれています。

 

その原因となっているのは、主に以下の通りです。

・     ダニ、ノミ、カビ

・     アスベストなどの化学物質

・     ホコリ、チリ

+ PM2.5、排気ガスなどの外気の汚れ

 

普段の生活の中でも、空気の質が分かることがあります。

例えば、物置などに入ったとき、空気が淀んでいる、と感じることはありませんか?

 

また、部屋に日光が差し込んだ際に、空気中にたくさんのホコリが浮いているのを見たことがあると思います。その中で深呼吸したいでしょうか。

 

でも、実際その中で生活していますよね。

例えば、家にいる時間が12時間とすると、人生の半分は汚れた空気の中で生活していることになります。

 

 

【きれいな空気で健康維持を!】

人の細胞は3年で全て入れ替わるといわれています。

つまり、3年前に存在していた細胞は、現時点で一つも無く、全て生まれ変わっているのです。

 

その3年間で一度も絶え間なく行う呼吸。

同じ食事、生活を送っていても、キレイな空気を吸っている人と、汚い空気を吸っている人では雲泥の差がつくと思いませんか?

 

例えば、

・花粉症

遺伝的な花粉症の方もいますが、花粉症デビューという言葉もあるくらい、突然身体の機能が支障をきたす場合もあります。

 

・ハウスダストアレルギー

これも、空気中の汚れ(ダニやノミなど)が原因です。

鼻水や喘息、睡眠時の寝苦しさなどが症状として上げられます。

 

じわりじわり体質が変化して、気付いた頃には・・・

と、ならないように、今日から空気の質を改善しましょう!

 

 

【部屋の空気をキレイにするポイント】

きれいな空気を手に入れるためには以下のポイントを心がけましょう!

 

・     1日5分は空気の入れ替えを!

・     週に一度は布団を日光浴に!

・     掃除はこまめに!

・     空気清浄機でハウスダストの除去、空気の循環を!

 

また、子どもは大人の1.5倍から2倍呼吸するとも言われているので、お子さんがいらっしゃる家庭では特に意識してくださいね!

 

次回の体質改善テーマは、「水」です!