貴方の肌に最適なスキンケアを!②

  • 投稿日 : 2014/04/02
  • カテゴリ : 美容
0010150477A-565x849

前回に引き続き、トラブル肌のタイプ別スキンケア方法をご紹介します。

お肌の悩みを抱える方は、是非参考にしてみてくださいね!

 

 

シワ

【肌の状態】

シワは目元、口元など、筋肉の動きが激しい部分から出来ていきます。

年齢とともに、シワの線は太く、そして深くなり、シワが戻らなくなります。

特に紫外線を浴びた肌は、より顕著にシワが現れます。

 

<年齢とシワ>

眉間・額  →40代~50代から

目尻    →20代から

目の下   →30代から

ほうれい線 →30代から

口元    →40代~50代から

 

【原因】

シワは様々な種類に分けられます。

 

(表皮性のシワ)

角層の水分不足や、皮脂の分泌が減少し、

皮脂膜ができにくくなると、角層硬くなり、表情の動きに沿ってシワが出てきます。

うるおいを与えて肌に柔軟性が戻れば、シワは改善します。

 

(真皮性のシワ)

加齢とともに真皮のコラーゲンなどが減少するなどして出来る

やや深いシワで老化の初期症状です。

(表情シワ)

表情を作る際に繰り返される動きによって出来るシワです。

時間の経過と共に肌に記憶されていきます。

 

【スキンケアのポイント】

・保湿を心掛ける

化粧水と乳液、必要に応じてクリームも使用し、水分と油分をよく与え乾燥を防ぎましょう。

また、パッティングの際は強くたたきすぎると、かえってシワを増やしてしまうので注意が必要です。

 

・血行を促す

正しいマッサージで血液循環を促し、新陳代謝を高めましょう。

 

・紫外線を防ぐ

紫外線を浴びるほど、真皮にダメージを受けるので、外出するときはUVケアをしましょう。

 

 

【生活の注意点】

・日ごろの表情のクセがシワにつながらないよう、表情の動かし方に注意しましょう。

・眉間にシワを寄せたり目を細める、口をへの字に曲げる、しかめっ面をすることはシワにつながります。

・紫外線を過度に浴びないよう注意し、日差しの強い日は、UVケアや日傘や帽子を着用しましょう。
・血行を促すビタミンEを摂取したり、肌のざいりょうになるタンパク質を十分にとり、バランスのよい食事を心掛けましょう。
・睡眠を十分にとり、肌の回復力を高めましょう。
・ストレスをためないようにしましょう。

・過度のダイエットは肌に栄養がまわらなくなり、シワをつくりやすくするので避けましょう。

 

 

ハリの無さ、たるみ

【肌の状態】

みずみずしさが無くなり、目や口の周りがたるみ、毛穴が目立ち、輪郭がシャープでなくなります。

顔全体の肉が下がり、だらんとした印象になります。

年齢を重ねるほど瞼や頬、あごがたるんできます。

 

【原因】

角層の水分が不足することで、みずみずしさが失われ、

年齢とともに真皮のコラーゲンなどが減少して弾力がなくなります。

それによって、皮膚の伸縮がスムーズでなくなるため、肌のハリが失われて、たるんできます。

また、年齢とともに表情筋も衰えて脂肪を支えきれなくなって、たるんでしまいます。

また、若くても脂肪細胞が大きくなると皮膚がたるんできます

 

 

【スキンケアのポイント】

・保湿機能を整える

水分、油分をしっかり与えて角層の保湿機能を整え水分を逃がさないようにしましょう。

また、角質を柔らかくすることでハリを保ちます。

 

・ポイントケアをする

目や口のまわりなど、ハリが失われがちな部分は専用のアイテムなどでケアしましょう。

 

・マッサージで肌を活性化する
正しいマッサージを行うことで、血液循環を促し新陳代謝を高め、脂肪をつきにくくします。

特に、たるみやすいフェイスラインは丁寧に行いましょう。

 

・紫外線から守る

外出時はUVケアをしっかり行いましょう。

 

【生活の注意点】

・ダイエットによる極端な体重の増減は、たるみにつながるので避けましょう。

リバウンドとともにたるみも増えていきます。
・紫外線を過度に浴びないようにし、日差しの強い日は、日傘や帽子を着用しましょう
・血行を促すビタミンEや肌のもとになる良質なタンパク質を十分にとり、バランスのよい食事をしましょう
・睡眠を十分にとり、肌の回復力を高めましょう

 

 

くすみ

【肌の状態】

肌が黒ずみ、ツヤ、透明感がなく明るさを失っています。

顔の中でもっともくすみやすい部分は以下の通りです。

 

・Tゾーン

顔の中でも最も紫外線を浴びやすい部分ですが、皮膚が厚い為

シミよりもくすみに注意が必要です。

 

・頬

皮膚が薄い上、紫外線を浴びやすい部分です。

くすみだけでなく、シミも要注意です。

 

 

【原因】

くすみは、以下のような様々な要因が重なって作り出されます・

 

・洗顔が不十分でメイクなどの汚れが落ちていない、また洗顔料が肌に残っている
・大気汚染などによる肌の汚れ
・紫外線によりメラニンが生成され、肌色が濃くなっている
・喫煙することで毛細血管が収縮し血流が悪化している
・ターンオーバーが乱れて、古い角質がはがず肌に残っている
・気温の低下や、冷えなどで皮膚の血行が悪い

・睡眠不足などで肌リズムが乱れている
・加齢や、ストレス、疲れなどの体調不良

 

肌のターンオーバーが低下すると、角層が厚くなり、透明感、ツヤが失われます。

また、血行不良になると新鮮な酸素や栄養が行き渡らず、肌色が暗くなります。

 

 

【スキンケアのポイント】

・汚れを落とす

メイクした日の内に、必ずメイク落とし、洗顔のダブル洗顔を行いましょう。

また、洗い残しが無いようにしっかりすすぎましょう。

・化粧水、乳液でしっかりケアしましょう。

・紫外線から肌を守りましょう。

・マッサージで血行をアップしましょう。

 

【生活の注意点】

寝不足、体の疲れは、ターンオーバーのリズムが乱れ血行も悪くなるので、規則正しい生活を心掛けましょう。

喫煙は血流が悪くなる為、禁煙をオススメします。