妊活中の方にもオススメな酵素ダイエット

0008876250V-849x565

妊婦の太りすぎで起こるうるトラブル。

いざ妊娠してから痩せようと思っても、運動やダイエットなど赤ちゃんに負担の掛かることは出来ないと思います。

今日は、これから妊娠を考えている方に、事前に知っておきたいおすすめ情報をご紹介します。

妊婦の太りすぎで起こる可能性のあるトラブル

・妊娠高血圧症候群

主な症状として「高血圧」と「蛋白尿」ですが、症状が酷くなってしまうと、

胎児へ栄養や酸素が十分に送れず、成長が遅れてしまったり、常位胎盤早期剥離を起こして

母子ともに危険な状態になってしまう場合もあります。

 

・妊娠糖尿病

赤ちゃんが巨大児(※1)になってしまったり、逆に、低出生体重児(※2)になってしまったりします。

 

 

※1)体重が4000g以上の新生児のことを指します。

呼吸障害や低血糖、新生児黄疸、心不全など様々な症状が発症する可能性があるといわれています。

 

※2)体重2500g未満の新生児のことを指します。

早く、小さく生まれた赤ちゃんは、体の機能が未熟な為、様々な合併症を起こしやすくなります。

また、学習障害、聴力障害などになる可能性も成熟児と比べて高くなります。

普通は、3歳を過ぎたあたりから成長が追いついてきます。

 

・難産

太りすぎると、脂肪が出産時に赤ちゃんが通る道を邪魔してしまいます。

また、出産時に赤ちゃんを押し出す動きが弱くなってしまい、その結果、

赤ちゃんが無酸素状態になってしまったりします。

その状態が続いてしまうと、赤ちゃんの脳に障害を負ってしまうため、やむなく帝王切開をしなければならなくなる場合があります。

 

 

妊娠するとどのくらい太る?

まず、赤ちゃんや胎盤、羊水の分を含めても7キロ前後です。

それに加えて、妊娠中は赤ちゃんへの栄養補給や出産に向けて、

ホルモンが働き、食欲が旺盛になったり脂肪がつきやすくなります。

また、妊娠中は運動量も激減する為、カロリー消費量も少なくなります。

 

このように、太りやすい条件が揃った中で、食欲にまかせて食べると、結果太りすぎてしまい、

上記のようなトラブルの元になってしまいます。

 

 

酵素ダイエットで今の内に体調、体重を万全に

上述の通り、妊娠期間中はやせようと思っても、なかなかそうはいきません。

ですので、妊娠前の今から体調管理をしっかりと行いましょう。

運動は良いストレス発散方法といえますので、もちろん行ったほうが良いですが、

筋力トレーニングなどハードな運動を続けていると排卵周期が乱れたりしますので、

極力ストレッチやヨガといった有酸素運動がオススメです。

 

また、栄養バランスの良い食事を取りつつ、食事の一部を

無添加の酵素ドリンクに置き換えて自分の理想体重を目指しましょう。

酵素ドリンクは栄養も豊富ですので、体内酵素を助ける以外にもサプリメントとしても役に立ちますよ。