オメガ3脂肪酸でアラサー・アラフォーでも痩せやすい身体が作れる?

  • 投稿日 : 2014/05/23
  • カテゴリ : 酵素
オメガ3脂肪酸1

オメガ3脂肪酸という言葉はあまり耳にしない言葉だと思いますが、

「脂肪酸」は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられるそうです。

オメガ3脂肪酸1

 

【オメガ3脂肪酸でアラサー・アラフォーでも痩せやすい身体が作れる】

オメガ3脂肪酸という言葉はあまり耳にしない言葉だと思いますが、「脂肪酸」は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられるそうです。

その中の不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9とそれぞれ分類されます。

最近、脂肪酸は、私たちの身体を形成している一つ一つの細胞が正常に働くためにひつようなものだと言う事がわかってきているようです。
よく耳にするDHAやEPAは青さかなに含まれていたりしますが、実はこれはオメガ3に分類される脂肪酸なんです。

 

【オメガ3の働き・効果】

オメガ3(DHAやEPA)の働きは、血中脂質の濃度を下げる働きがあると言われていますが、その他たくさんの働き・効果があると言われています。
・ホルモンバランスを整える
・脳の活性化・記憶力を上げる
・悪玉コレステロールを下げる
・中性脂肪を下げる
・メタボリックシンドロームを予防する
・ダイエット(脂肪燃焼・代謝アップ)効果
・高血圧を予防する
・肝臓の病気の予防
などなど。

 

【オメガ3脂肪酸が多く含まれている食品】

オメガ3脂肪酸が多く含まれている食品は、主に下記のようなものがあるとのことです。
・えごま油
・シソ油
・亜麻仁油
・くるみ
・青魚
・緑黄色野菜
・豆類

 

scapula

 

【オメガ3とダイエット】

特に、水トク!「★ダイエットSP★あの日に帰りたい9」では「アラフォーの壁を突破!オメガ3脂肪酸によるダイエット」ということで、青さかなとくるみを食べて、効率よくオメガ3を摂取しましょうと言っていました。
特にくるみはオメガ3脂肪酸を非常に多く含んでいる食材とのことでした。くるみなんかは、サラダにさっと振りかけられる食材だけに、気軽に利用しやすいですよね。
でも、くるみの55%は脂肪になるので「撮り過ぎはダイエットに良くない」のでご注意を!

 

【加齢とホルモンバランス】

30代以降、なかなか痩せられないと感じられる人が多いかと思うのですが、一つの原因は「ホルモンバランス」の崩れが理由としてあります、
特に女性は30歳を超えるとホルモン分泌量が大きく変化し、ホルモンバランスが崩れてきます。

女性ホルモンと【肥満】の関係について

 

ここでエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモン(正確にはホルモンの名称ではなく分類で示した名称)が重要になってきます。
エストロゲンは、女性の第二次性徴の発現、生殖機能維持や卵胞の成熟、排卵促進、子宮内膜の増殖などの性周期の前半を維持するなど、非常に重要な役割を果たしていますが、一定以上のエストロゲンの上昇は肥満の原因にもなるとのこと。

つまり、エストロゲンのバランスを整える事がダイエットに効果的な一つの手法なんですね。ホルモンバランスを整える為には良質な油を摂取することが大切だと栄養学的見地からも言われておりますので、
つまりはオメガ3を摂取することでホルモンバランスを整えれば、特にアラサー・アラフォーの女性は太りにくい身体になる、ということなんです。

ぜひ毎日、オメガ3を多く含む食品を摂取してみてはいかがでしょうか?