後悔しないために危険なダイエットの方法のメリットデメリットを知る

危険

一口にダイエット方法といっても様々な方法が存在しており、それぞれにメリット・デメリットがあります。

今回はいくつかのダイエット方法の中でやり方やカラダの体質によっては危険になる可能性のあるダイエット方法をご紹介致します。

危険なダイエット方法その①単品だけを摂り続けるダイエット

リンゴ

りんごダイエットやキャベツダイエットなど、特定のものだけを食べ続けるダイエット方法があります。

ちなみにりんごダイエットは1日三食のうち一食以上をりんごだけに置き換えるという方法です。

これを行うことにより体内の老廃物や毒素が排出される効果があることから、ダイエット中に悩まされがちな便秘に対しても効き目があり、痩せることが出来るというものです。

こうした方法は継続していけば確かにダイエット効果は実感できますが、同じものを食べ続けるという事から栄養バランスが偏ってしまう危険性があります。

栄養バランスが偏ることでカラダに様々な不具合が生じる可能性がありますので、実践するとしてもずっと継続して行うのではなく、りんごダイエットの場合だと3日挑戦して、その後は普通の食事に戻していくなど長期的に継続して行わないようにする事が大切です。

 

危険なダイエット方法その②断食ダイエット

断食

程よい断食ダイエットは摂取カロリーが抑えられることを始め、体内に溜まった老廃物や毒素を排出させる効果や、新陳代謝が上がる効果、脂肪を燃焼させる効果も同時に得られる事で大変人気のダイエット法です。

さらに、自然治癒力が高まることから様々な病気を予防させたり改善させたりするような効果も期待できます。

しかし、無理をしたり長期的に断食を行い続けてしまう事で、筋肉量が減ってしまい新陳代謝が低下したり、常に低血糖に陥りがちになってしまい慢性的なストレスを感じるようになってしまいます。

結果、自律神経や中枢神経へ悪影響を及ぼしたり、重症になると昏睡状態に陥る可能性もあるのです。

このことから断食ダイエットを行う際は、必ず自分にとって無理なく出来る範囲で行う事を心がけましょう。

特に初めて断食ダイエットを行う場合であれば、1日中何も口にしないというような断食ではなく、1日一食のみを抜くプチ断食からはじめるのが望ましいでしょう。

 

危険なダイエット方法その③下剤ダイエット

下痢

次に下剤ダイエットというものもあります。
これは摂取したものを下剤を使用して強制的に排出させることで栄養の吸収を控えめにし、普通に食べても痩せられるというものです。

しかし、下剤ダイエットをやり続けることにより、腸の機能が低下し続けてしまい、最悪の場合は腸の機能が停止して死に至る事もあるとても危険なダイエット法です。

その他危険なダイエット方法としては、寄生虫を体内に入れて痩せるという寄生虫ダイエットや、嘔吐することで痩せる方法やダイエット薬といった薬に頼るようなダイエット方法も危険だと言われています。

 

危険なダイエットは「極端なダイエット方法」

上記でご紹介したダイエット法の様に、人気があったり、正攻法と言われているダイエットでも、短期間で急激に痩せるようなペースで取組むと危険が伴います。

短期間で痩せるとリバウンドが起こりやすくなる事をはじめ、健康的にも問題が出てきます。
更に肌に肉割れを起こす可能性も十分あります。そうなると見た目的に醜くなる上に、自力ではほとんど治せなくなったってしまいます。
この様に短期間で急激に痩せるようなダイエット方法は色々とデメリットがあります。

ちなみに私は急激に痩せたことからその後10年くらいずっとリバウンドと付き合い続けることになりました。
おまけに肌に肉割れを起こして気軽に露出することも出来ず、短期間で急激なダイエットをしたことを今でも後悔しています。

 

【PR】当サイト人気No.1 酵素ドリンク 無添加・天然ココナッツ酵素ドリンク「毎日酵素」

毎日酵素

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.