時間制限ダイエットのやり方 メリット・デメリットは?

時間制限ダイエット

今回は時間制限ダイエットのメリット・デメリットについてお話します。
時間制限ダイエットは特別な器具や運動、食品やサプリなどが一切必要ないので、簡単に始められるダイエット法です。

時間制限ダイエットとは?

ダイエット方法

時間制限ダイエットは、簡単に言うと食べる時間と空腹でいる時間をしっかりと守るということです。

やり方は、24時間のうち自分で実行しやすい時間帯を選んで、8時間の間に食事をし、残りの16時間は何も食べないというダイエットです。

更に、8時間の間は特に食べ物の制限もなく、好きなものを好きなだけ食べることが出来ます。
その時に野菜や栄養分を考えて食事をすると、より効果を得られることが出来ます。

そして何も食べない16時間の間は、お茶や水以外の物を一切摂らずに生活します。
最初のうちは16時間が結構長く感じられたりもしますけれども、何日も食事制限をしたり、ひたすら空腹に耐えるダイエットではないので、「今この時間だけ我慢してお食事が出来る8時間の間に食べよう」と考えると割と楽に我慢することが出来ます。

お食事会や飲み会などがあって夜遅くに食べてしまった場合でも心配する必要はありません。

しっかりと空腹の16時間を守ればいいだけの話です。
16時間も我慢していたので逆にたくさん食べてしまうのではないかと不安にもなりますが、意外と食べられません。

胃が小さくなっていくのか、慣れていくのか、今まで食べていた量だけでも十分満腹感があります。

 

時間制限ダイエットのメリット

時間制限

このダイエット法のメリットは何と言ってもお金がかからない、楽、いつでもどこでもできるという手軽さです。
時間さえ守れば良いのですから。実際に自分自身はこのダイエット法で5キロも痩せることができました。

1カ月近くかかりましたけど、運動嫌いな自分には割と楽に思えました。
身長155センチ、体重58キロから5キロ痩せたので見た目もだいぶ違いますし、顔も一回り小さくなりました。

ズボンも少しゆるくなってきたのでとりあえずベルトで対応しています。
そして、16時間の間、腸を始め身体の中の臓器が休めるので便通がよくなって肌もきれいになりました。
長年悩みだった便秘もこのダイエットで解決されました。

 

時間制限ダイエットのデメリット

時間制限デメリット

しかしデメリットとしてはお食事ができる8時間を徹底的に守らないと効果がないので人との付き合いが多い人はすごく苦労をするということです。

特にたくさんの人と会ったり接したりしないといけない社会人の人々にはあまり向いてないかもしれません。

もう一つのデメリットはこの時間制限をやめてしまうと徐々に元の体重に戻ってしまうことです。
もちろん食べる量、食べ方にもよりますが、何も気にせずに好きなものを食べてるとあっと言う間に元通りです。

しかし痩せたあとに普段の生活の中でちょこちょこ身体を動かすようにしたり、夜食やオヤツを食べなければ辛い運動、トレーニングをしなくても維持できます。

自分のライフスタイルにもよりますけれども、時間制限がしっかりとできる人にとってはすごく良いダイエット法だと思います。

【PR】当サイト人気No.1 酵素ドリンク 無添加・天然ココナッツ酵素ドリンク「毎日酵素」

毎日酵素

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.