妊娠・不妊・アンチエイジング

妊娠・不妊・アンチエイジング

あなたに残された卵子の数、いま何個ですか?

手

卵子のもととなる原始卵胞は日々減っている 原始卵胞は、砂時計のように刻一刻と落ちていき、なくなっていくのです。

卵子を育てる袋(卵胞)には、もととなる原始卵胞というものがあります。 女性は、生まれる時にはこの原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えています。

そして、生まれてから月経のはじまる思春期頃には、約170万個から180万個が自然に消滅し、 思春期・生殖年齢の頃には約20〜30万個まで減少します。

それでもまだ減少は止まる事はありません。 その後も一回の月経の周期に約1000個が減少しており、1日にすると30〜40個が減り続けているとされています。

原始卵胞は、まるで砂時計のように刻一刻と落ちていき、なくなっていくのです。

女性にはタイムリミットがある

手

結婚は何歳でもできますが、妊娠には期限があります! 「生理がある間は40代でも50代でも妊娠できる」と思っていたら、それは危険な考え方かもしれません。

妊娠適齢期を知っていますか? 閉経は50歳前後に多く見られますが、40歳以上の自然妊娠・出産は少ないのが現状です。

もちろん40才を過ぎてからも赤ちゃんが欲しいと思い行動する方が少ないという現実もあるでしょう。 しかし「排卵」「着床」がしっかりと行なえなければ妊娠できません。

卵巣が活発に働き機能しているのは、20才〜35才にかけてというのが一般的。 これ以降は、卵巣機能が急激に低下して、閉経前であっても妊娠できないようになるのです。

また、卵子自体の老化も妊娠しにくい事に繋がって来ますので、いつか子供を生みたい!と思ってる方はいつでも妊娠できるように体の準備をしておく必要があります。

高齢出産のリスク

キャンドル

高度生殖医療の技術も進歩し、不妊治療によってアラフォーの「妊娠したい」という願望が叶う時代となりました。

しかし、妊娠はゴールではなく、その後の出産や育児のスタートです!

また、高齢出産は卵子の老化や体力の問題もあり、さまざまなリスクが伴います。

東尾理子さんも不妊治療を行い36歳の時に自分の赤ちゃんが障害を持って産まれる可能性があることをブログやマスコミに発表して、大きな波紋を呼びましたね。

「やはり35才以降の妊娠・出産って、かなりリスクが高いの?」と不安に感じた方も多かったでしょう。そこで、どのようなリスクがあるのかを以下にまとめてみました。

  • 妊娠率が下がる
  • 妊娠高血圧症候群などにかかりやすくなる
  • ダウン症などの染色体異常児が生まれやすい
  • 流産が起こりやすい
  • 常位胎盤早期剥離の発生率が高まる
  • 難産になりやすい
  • 産後の回復が遅い

それでも妊娠したい

女性

さまざまな研究が行われ、2013年2月13日、米ニューヨーク医科大が『卵子老化』についての原因とメカニズムを特定したとの発表がありました。
さらに研究が進めば、卵母細胞のDNAを修復して卵巣の老化速度を遅らせることもできるかもしれないとの事で、多くの期待が寄せられました。

しかし、これが実現し、一般に広まるのは、まだまだいつになるかわかりません。
そこで現時点で有効であると考えられる卵巣年齢を若くする方法(アンチエイジング)をおすすめします。
卵子・卵巣の老化を引き起こす原因は6つあると考えられています。

成長ホルモンの減少
エストロゲンの減少
細胞の酸化
メラトニンの減少
DHEAの減少
終末糖化産物(AGE)の増加

上記の内、普段の生活習慣を改善することで卵巣年齢を若く保つことができることを実践しましょう! 上記1〜6に関係してくる生活習慣の改善と言えば『食生活』です。
あらゆる栄養素を満遍なく豊富に摂取することが重要なポイントとなります。
ただし、厚生労働省が提示する「一日30食品を目標」や「食事バランスガイド」を実践しようと思うと、調理する時間や手間が大変でした!いいことは分かっていても、なかなか手がかかる事には躊躇してしまいます。

そこで、少しでも効率良く豊富な栄養を補給するために用いたのが『酵素ドリンク』なんです。

無添加酵素ドリンクでアンチエイジング

女性

酵素ドリンクと聞くと「ダイエット」と思われる方も多いかもしれませんが、人間の成長や活動生殖などの全ての生命活動に関わる大切な酵素なので『健康』が大きなポイントとなります。 当たり前のことを当たり前にやることが難しくなっている現代ですが、そこは便利な形で考えられているものを必要に応じて利用するという考え方も大切です。

ただし、今では様々な「酵素ドリンク」が発売されていますが、選ぶべきは『無添加・無農薬・砂糖不使用・低カロリー』商品です!

添加物や農薬、砂糖などが大量に含まれていると、酵素本来のチカラを発揮できないだけではなく、余計な負担をカラダに与えかねません。無添加である事が大切なんですね!

人気酵素ランキング

毎日酵素

毎日酵素

添加物なし!無農薬の厳選された16種類天然原材料を利用した酵素ドリンクで、海外セレブも愛飲している栄養価が非常に高いココナッツ液を発酵させる手法をとっている非常に珍しい酵素ドリンクです。
もちろん無添加製造なので、老若男女・妊娠中の女性でも安心して利用できます。
またカロリーも100mlあたり5.8kcalと低カロリーで、リンゴ酢のような甘くてフルーティーな非常に飲みやすい酵素ドリンクです。
現在、初回割引キャンペーンとして定期コースが初回1本3,980円で販売しています。

毎日酵素口コミへ


ベジライフ酵素液

カロリーダウンしながら90種類の天然成分抽出の酵素でしっかり栄養補給できるベジライフ酵素液。 人気ファッション雑誌の読者モデルを中心に若い女性の間で人気沸騰中!

ギャル漫画家・浜田ブリトニーさんにもモニターとしてプチ断食にチャレンジ!たった1ヶ月で-4.5kgのダイエットに成功されたそうです! 無理なく続けて、大幅ダイエットも可能なベジライフ酵素液は今注目の酵素ドリンクです。

ベジライフ酵素液口コミへ


ごちそう酵素

雑誌でも話題の酵素ドリンク!一杯で野菜と果物の栄養素を十分補給できます。

ごちそう酵素は80種類の野菜と果物から丁寧に発酵、熟成して作られています。従来の酵素ドリンクに比べとても飲みやすくフレッシュジュースのような味わいをお楽しみいただけます。
毎日続けて欲しいという願いから味にこだわったごちそう酵素。 今飲んでいる酵素に不満がある方は一度試されてみてください!

ごちそう酵素口コミへ


桃の酵素水

ダイエットで無理をする必要がないくらい飲みやすくおいしい酵素ドリンク。

野菜・野草・果物・海藻など162種もの天然酵素エキスを桃味に仕上げられた桃の酵素水。 今までのおいしくない酵素でガマンしていた人は、この酵素ドリンクを飲むことで酵素の常識が変わってしまうかもしれません!
大人も子供でもおいしく飲める桃の酵素水を一度お試しください!

桃の酵素水口コミへ


極生酵素

飲む野菜の点滴と呼ばれる生タイプの酵素サプリメント。 野菜、果物、ハーブ、穀物など80種類以上から抽出された植物発酵エキスを通常の3倍の手間をかけじっくり発酵・熟成されているそうです。

フラボノイドやポリフェノール、健康をサポートするためのペプチドやアミノ酸などをバランスよく摂れるために 低農薬のものや契約農家で栽培されたものだけを厳選しているというこだわりが人気です。

極生酵素口コミへ